記事詳細

先日久々に実家に帰省したのですが、家に帰る前にしておきたいことがありました。実家に住んでいたときに通いまくっていたホテヘルに行きたかったんです。地元を離れて数年経つので、その店がまだあるのか不安ではありました。でも、駅から少し離れた歓楽街に行くと、昔のまま残っていて安堵。スタッフも変わっていませんでした。さすがに顔は忘れられているかなと思ったのですが、「あれ、前にたくさん来てくれてましたよね?」と声をかけてもらえました。まさか覚えていてくれたとは…。対面のサービスってこういう温かさがあって良いですね。このホテヘルに来て良かったなと思いました。もちろん、在籍嬢はほとんど当時とは入れ替わっているんですが、その中で1人見覚えのある子が!昔よく指名していたHちゃんがまだ在籍していたんです。30代半ばなので、業界では熟女と呼ばれるような年齢でしょうが、パネルで見る限りそこまで老けた感じはありません。もうこのホテヘルを選んだからには、昔を懐かしんでHちゃんを指名するしかないなと思いました。Hちゃんがたまたま出勤していた日でラッキーでした。待ち合わせはせずに、先にホテルに向かって部屋で待機。程なくして、Hちゃんが到着!いつも通りの挨拶をして、僕の顔をまじまじと見たHちゃん…なんと気づいてくれました!「え、もしかして、前によく指名してくれてた方ですか?うそ、なんで?また会いに来てくれたの?」Hちゃんまで覚えていてくれるなんて思わなかったので、正直びっくりしました。本当は後でカミングアウトしてやろうと思っていて、予想外の展開ですが…。やっぱり田舎のアットホームさっていいですね。「あの頃は新人で下手くそだったんですけど、それなりに経験を積んできましたよ!サービスしますね。」と言ってくれたので、期待を胸にシャワーを浴びました。浴室の中で早速濃厚なディープキス!舌を積極的に絡ませてくるHちゃんは、確かに数年前に恐る恐るディープキスをしていた子と同一人物とは思えません。ベッドに行ってからも、僕の乳首を指でいじりつつ、全身リップ!そして、慣れた手つきでの手コキを披露してくれました。イラマチオをやってみたいという僕のワガママな要望にもあっさり応えてくれました。色気も増したなと思います。もともと胸が大きくてグラマーな子だったのですが、年齢を重ねたからか妖艶さも出てきて、正直僕のドストライクでした。フィニッシュは69!Hちゃんは責められたときもエロくて、喘ぎ声が官能的でした。いつまででもHちゃんのあそこを舐めていたかったですねー。地元のホテヘル、まだまだ捨てたもんじゃないですね。滅多に地元には帰らないのですが、またHちゃんに会うために頻繁に帰省するのもありなのかもしれません。