記事詳細

最近池袋の町並みをようやく理解してきて、風俗街の状況も何となく把握してきましたが、池袋には数店舗だけリフレ店があることを知りました。リフレとは指圧マッサージ等、簡単なマッサージを行った後女の子と会話を楽しむ、お酒は飲めないけどマッサージを含んだキャバクラみたいなものかと勝手に思っています。リフレ店はの多くは風俗店ではなく、性的なサービスは省かれていますが、中にはリフレと謳っていて風俗行為を提供するお店もありますので、正直よく分からない業種です。リフレってようは何?と聞かれると返答に困りますが、マッサージをされて女の子とのおしゃべりを楽しむとしか言いようがありません。女の子と近い距離でおしゃべりをしたいと考えてるのであれば利用しても良いのかなと思いますが、私個人の考えではなかなか利用しようかなと思える要素がないので、見かけても利用しないと思います。その他の風俗店の方が余程おいしい思いができそうなのでそちらにどうしても目がいってしまいます。リフレの特徴としては女の子が全員コスプレで接客をしてくれるので、コスプレ好きな男性からしたら嬉しい特典かもしれませんが、基本的にリフレはオプションが無い限り女の子へのタッチは厳禁です。ただしゃべるだけなら別にしなくても良いかなと考えてしまう私はつまんない男かもしれませんが、高いお金を払ってまでしゃべる事はまずしないかもしれません。高いお金を払うのであれば女の子と触れ合いたいですし、解消できるのであれば解消したいと考えてしまうので、やはりどう考えても風俗店へ流れてしまいます。恐らくですが、こう考えるのは私だけじゃないと思います。リフレを利用する男性客はそのお店に余程タイプだった女の子が居たとか、ファンな人しか行かないと思うんですよ。フリーでリフレに行く猛者は恐らく数えるくらいしか居ないと思いますし、楽しみ方がいまいちよくわかりません。結論からすると、池袋に行ったとしてもリフレ店は利用しないということです。残念ながらどうしてもリフレは中途半端な気がしてならないので、少し高いお金を払って風俗を利用したほうが私的にお得なような気がします。私が仮にリフレに行こうと思ったのならば、それは自分好みの女性がいる時くらいです。基本的に女の子の連絡先は交換してはいけませんし、店外デートも厳しく禁止されていますので出来ませんがお近づきになりたいと思わない限り続けて通うこともしませんし、利用したいなとも思わないかもしれません。それに変わって風俗店では目的がはっきりしているので利用する際はそこまで深く考えずに利用できるので風俗店の方が利用をしやすいのかな、と思ってしまいます。