記事詳細

横浜のデリヘルを数年前まで利用していたのですが、転職したのをきっかけに辞めることにしました。やはりお金もそこそこ使いますし、当時は独身な上付き合ってる彼女もいませんでしたので、身軽な状態だったのですが、デリヘル通いを辞めた直後に、横浜で暮らしてる彼女が出来ました。それがきっかけできっぱりとデリヘル通いを辞めることが出来ました。彼女がいるのにデリヘル通いはさすがに考えることは出来なかったんですよね。デリヘルに使ってた分のお金がそのまま彼女の方に回って行った感じになったのです。しかし、横浜の彼女と付き合い始めて3年目と少し。向こうの浮気が発覚したのがきっかけでギクシャクし、別れることになってしまいました。失意の中、1週間ほどぐったりとした状態で過ごしていたものの、どうにか日常生活を取り戻しました。そこでまた自分の悪いクセが出てしまったのですが、横浜でのデリヘル通いを再開してしまったのです。しかも、人妻の専門店に。失恋してからの失意を癒やす為に、友人からの献身的な支えなどもあったのですが、どこか遠慮をしてしまい、泣くことも出来ないまま強がってしまい、様々な意味でのはけ口が無くなってしまいました。そんな時に出会ったのが人妻の専門店なのです。誰かに包み込んでもらいたい、そんな願望に応えて欲しいと思った結果、横浜の人妻のお店が一番良いのではという結論に至りました。情けない話なのですが、最初にお店に行った時には笑えるぐらい号泣してしまい、プレイどころではなく、やってきたデリヘル嬢が困惑していました。それでも抱いてくれたのが本当に良かったです。結局のところ、後腐れなく誰かと過ごすことの出来る時間をどうやら自分は求めていたようです。その後、横浜の人妻専門店にどっぷりとハマってしまいました。別に、女性であれば人妻である必要はなくてもいいのかも知れませんが、人間的な包容力のようなものを女性にもとめて居るのかも知れません。別にマザコンとか言うわけではないのですが、そういった女性の母性的な部分を求めて居たのだなと自分は気が付きました。昔付き合っていた横浜の彼女にはそういうことを全然求めなかったのに不思議な感じではあるんですけれどもね。次に彼女が出来るのが一体いつになるのかも全くわからない状態ではありますが、恋愛の傷はだいぶ癒えて来たので、もしかしたら再開するかも知れません。

横浜デリヘル【ほんとうの人妻 横浜本店】