記事詳細

交際クラブは前身が店舗型のデートクラブと呼ばれるものが基礎となっている部分があると思うので、あまり印象が沸かない場合が多いですが、実際は風俗業と同じようにインターネット上で全ての結果が変わってしまうIT産業です。要するに公序良俗に反するような内容が含まれている為、一部の紙媒体を除いては公の場での宣伝活動が許されているものではないのです。昨今ではSNSも普及していますが、こういった場面でも露出が好まれているものではありません。誰でも自由に発言し表現できるものではありますが、そんなことをした日には白い目で見られることは間違いないでしょう。そうなるとどうやって男性や女性の会員も増やすのか?これは2つのパターンしかありません。「知人から話を聞く」か「自発的に業界の情報をウェブで調べてたどり着く」これしかないのです。前者の場合は、既に交際クラブを活用してる人が身近にいなければならないので意外と可能性が低いです。後者は意外と知って貰える機会がありますが、限定的な部分もあります。ウェブで情報を知ろうとする場合に『交際クラブ』で調べ始める人はほぼいません。何故ならばその言葉自体を知らないからです。ではどういった流れで業界に流入があるのでしょうか。男性の場合は完全に富裕層の遊びですので人伝です。女性の場合は、風俗求人からの流れが多いです。風俗の求人サイトには交際クラブの求人募集を乗せることができます。ですので、間接的に指名度の高いサイトに情報を露出させることができる最短の手段はこちらになります。ただし、店舗の情報を載せたところでダイレクトに問い合わせをして来てくれることには一切なりません。風俗の求人サイトに乗せるいくつかの店舗が存在していることで、それを見た女性が『交際クラブってなんだろう?』と思うことがきっかけで、改めてウェブ検索をすることでの女性の問い合わせが生まれることになります。こういった流れがウェブだけで交際クラブの流入が増えていく流れとなります。今でこそ「パパ活」といった言葉が流行りをみせていることもありますが、業界自体の存在を知っていもらうということの努力に力を入れなければ交際クラブの業界はそもそもの成長性が見込めないものなのです。今ではリスティング広告なども出せるようになってきていますので、やや楽になってきた面もありますが、今も昔も大きくは変わってはいません。ですので、引き続きIT産業としての企業努力は絶対に必要であるといえるでしょう。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド