記事詳細

チャットレディで一番気を付けなければならないのは、視聴者との現実的な接点を持つことになるでしょう。利用者は好き好んで女の子を見たいと思って利用しているかもしれませんが、疑似恋愛的な要素を含むサービスとなる部分は危険と隣り合わせです。つまり、ネットだけの世界でのみ視聴者との接点を得ようとしていても、実際には非常に危険です。ですから、本名は言えないでしょうし、住んでいるところも伝えることはしないでしょう。今やSNSなども流行る時代ですから、何が起こるか分かりません。もしも完璧に全ての情報を抑え込んだとしても限界はきっとあるでしょう。そうです、配信運営会社です。今はこのあたりの整備は徹底して行われていると考えられますが、昔は全く考慮されていなかっただろうと考えられます。ですので、視聴者の不満を解消するために情報を漏らしたり、もしくは自身の欲求の為に配信者の個人情報を得てしまうなんてことはあったのかもしれません。もちろん、これらの行為はアウトです。常識的に考えると決して健全なものであるはずがありません。今は絶対にありませんが、昔はレートの調整なども強要されていたり成果入金の遅延がされたりと若干グレーなやり取りもあったようです。エロっ気のある配信者を優遇したりと無法地帯と化していただろうと考えられます。しかし、今の時代はそういう殿様商売的なことも難しく、IT関係の法整備もしっかりとしてきており規制も激しくなってきています。楽して稼げる業態だけに、リスクもあるものにはなるでしょうが、今では健全な形で利用できるものとなってきているのは事実です。とはいえ、運営元の会社からすると、配信者がいなければ何も始まらない訳ですから、もう少し窓口を大きく広げてオープンなサービスを目指してもらいたいです。チャットレディという言葉自体には動画配信サービス以外にエロ要素も少なからず含む言葉になってきています。今ではかなり厳しく逮捕者なども出てきている状況ですので、もしかすると近い将来、単純なライブ配信しかできないような時代が来てしまうのかもしれません。今では気軽にライブ配信ができる時代ですので、お金を稼ぐ手段として活用する女性達と趣向のある利用者がいなくならない限りライブチャットは続いていくものだろうと考えられます。
東京チャットレディ求人!池袋ライブチャット【ガールズライブ】