記事詳細

西船橋といえば東京から見て千葉の玄関口の様に感じられますが、風俗に関わらず世間的には中途半端な感じがある点は否めません。例えば、分かりやすい場所で秋葉原から考えると、乗車時間は30分ほどかかります。実際にはその程度しか離れてはいませんが、西船橋は風俗で考えるとやや競合エリアが多いです。まず、東京の東部には上野や錦糸町が存在しています。錦糸町はデリヘル店しか存在しないようなところなので、差別化ができる部分もありますが、上野を意識してしまうとどうしても下位互換的な存在となってしまいます。つまり、千葉に住んでいる人であっても少し足を延ばして東京に出てしまえば、西船橋よりも充実した環境がすぐ近くに存在していることになるのです。そんな西船橋の風俗としてやっていけるのも上野の存在をより意識しているからだろうなと感じます。もしも千葉方面から風俗を求めて上野まで行こうとするならば、秋葉原まで出て京浜東北線や山手線で少し北上しなければなりません。たかが1駅程度で数分間の移動ですが、実際問題としてこれがかなり億劫だろうなと思います。風俗を利用する男性は性格的な面で、手間やめんどくさいことを嫌い、要求に対して一直線に動く傾向があると感じられます。つまり、損をすることなどは嫌うだろうと考えられます。楽して得するようなことに対して前向きに考えると思うので、大した違いしかない上野へのアクセスだろうと何かしらの徳がなければ風俗のみを利用したが為にワザワザ東京まで足を運ぶとは考えにくいのです。また、料金やサービスの質を比較した時にはデリヘルを選択し錦糸町に行くことでしょう。こんな背景を考えると、西船橋にヘルス(店舗型風俗)が成立してしまうことも容易に想像がつくのです。さらには、千葉市まで出てしまえばソープ街も存在しています。要するに、デリヘルを使いたいのであれば西に、ソープを利用したいならば東に、普通のヘルスなら西船橋で十分だという考えに至るのでしょう。本当なのかと考えがちですが、船橋市は千葉県の中でも上から数えて2番目に人口が多い街です。ですので、それなりに様々な需要があり風俗も例外ではないのです。
西船橋の風俗なら人妻性感ヘルス|戸惑いのひととき